2017年9月20日水曜日

Tシャツヤーン


再開してみたら調子付いてしまい
早々とアップすることにしました。

Tシャツヤーンのバッグです。





ちょっと色の写りがおかしい…
実際はもっと黄色味がなくてソフトな色合いです。
(後で写真を差し替えるかも)

去年あたりから流行っているTシャツヤーンのバッグを
興味で編んでみようと思ったのですけども
流行りには素直に従わない天邪鬼ゆえ
チャカチャカと行き当たりばったりに編んでスイカに仕立ててみました。
材料は全て勤め先のお店にて従業員割引きで購入。
そう、この仕事の魅力(魔力)の一つは手芸材料全般が
全て従業員割引きで購入できること!
…ただしその反面、常に悪魔の囁きと闘わねばなりませぬ。
悪魔の誘惑に負けると、お給料を全て手芸品に費やしてしまう恐れがあるので。

もう一つ、お客さんに何を聞かれても応えられるように
一通り自分の手で作ってみる、という必要性もありまして。
もちろん強制されているわけではないんですが
それを大義名分にして憚りなく手芸に没頭する
という要素がおよそ80%ほど……。

スイカというモチーフが少々子供っぽい気もしますが
けっこう使いやすいのでこの夏は重宝しました。
Tシャツヤーンはまだ5玉ほど持っているので、秋が深まる前に
もう一つくらい編んでおきたいな、とは思うのですが
今また刺繍熱が上がり始めているので無理かなぁ…

2017年9月18日月曜日

三年ぶりでした


なんだかすっかり忘れていた自分のブログをふと思い出して
本当に久しぶりに開いてみたら
最後の投稿から丸三年が経っていたことを知って
おののいています。

三年前に何があったのか?
答えは簡単、家事手伝いから労働者に華麗なる転身(?)をしたのでした。
最初からごくごくひっそり備忘録として書いていたブログだったので
読んでくださっている方もほとんどいないだろうという変な安心と
慣れない仕事に心身ともに振り回されての余裕のなさで
しばらく書くのをやーすもうっと!と思っているうちに
気がついたら三年ですよ。びっくりですよ。
その間に世の中はブログよりもInstagramが中心になっているし…。

仕事はパートです。手芸店の。
もうほとんど趣味の延長!
小さな手芸店を経営するとか編み物教室を開くとか
まだまだ漠然とした将来設計(この歳で!)の前に
手芸関連の商品知識とか流通やメーカーについて勉強したいな…
と思っていた私には渡りに船の仕事でした。
合間に無事、かぎ針編みの講師資格も取得して
三年でなんとか蟻の一歩くらいは前進できたかな。

ツクリモノもボチボチ続けています。
ブログを再開してこのまま書き続けられたら記録写真もアップできるかも。
まずは続けられるよう努力してみます…




愛犬たちは元気!です

2014年9月4日木曜日

遅れてきた宿題


体調の都合で編み物教室を休んだら
次のお稽古日に課題作品の提出進度がクラスでビリになっていました。
大変だ!大変だ!

ただでさえ手が遅いのに、編み目が気に入らないとどんどん解いたり
この期に及んで糸を変更してゲージ取りから始めたり
という超マイペースが祟ってきたわけなんですけども。

先生にも「必ずしも失敗することがいけないんじゃなくて、
どこを間違ったのかどう間違ったのかを理解していることの方が大事よ」
と釘を刺されました。はいーっ!おっしゃる通りですっ!!

次回に作品を全て提出できないと進級できないので
(今までは基礎過程で、次は講師資格のコース)
しばらく死ぬ気で編まなくてはなりませぬぬぬ。


image


とか言いながら、雑誌を買う。
『装苑』の過去号、6月号です。

Amazon が「コレ好きじゃない?好きでしょ?好きって言ってよ!」
と毎回少女漫画の強気なヒロインようにオススメしてくる本の数々を
いつもは華麗にスルーしているのですけど
今回はつい……ヤラレました。
だって、特集が刺繍とレース。
表紙の誌名ロゴまで刺繍。

さすがに課題作品のことが頭から離れないのでまだ読んでいませんけれど。
しばらくはお預けです。
でもパラパラと見た限りでは期待を裏切っていないような。

がんばりまーす……。

2014年8月28日木曜日

パーマ液の臭い


久しぶりに美容院に行きまして
チリチリパーマをアップデートしてきました。
普段、このチリチリヘアをゆるくお団子にしています。
非常に楽です。
夏は首元が涼しいし、冬はマフラー類が巻きやすいし。
白髪で真っ白頭になったら、
白いチリチリお団子頭に真っ赤な口紅をするんだ!楽しみ!

前回作ったバレッタは、少し高めの位置のお団子の下につけます。
これならちょっとラブリーでも耐えうるハズ。
……と信じているんですけども。無理?

フェリシモの二回目、とっくに届いていました。


image


が、袋から出してもいませんでした。

こんな調子で、いつかこのスタンプを使う日が本当に来るのかしら。
我ながらちょっと疑問です。
それはそうと今回のスタンプ、縁のスカラップ用がありましたけれど
便利そうなのにスタンプとして使いこなすのは難しそう。
スタンプを使って刺繍をすることよりも
スタンプをどう応用するか、どれだけ上手く押せるか
がポイントなキットなのかもしれません。もしかしたら。

愛犬たちが、頭のパーマ液の臭いをしきりに嗅ぎに来ています。
そういえば、パーマ液の臭いって犬の肉球の臭いにちょっと似ているかも。
ただでさえ私は飼い主じゃなく(飼い主じゃないけど)
「犬仲間のボス」と思われている節があるのに
パーマ液の臭いのせいでますます立場が犬寄りになりそうです。
ワン。

2014年8月26日火曜日

ワイルドフラワー


なんだかめくるのさえ怠くて、未だ6月のままのカレンダー。
いかんですね。
毎年11月に予定していた私的イベントが私的理由で中止になって
目的地を失った渡り鳥のようになっております。
なにか長期的な目標を探さなくては!
かぎ針編みのお教室は来年の3月が卒業なので、とりあえず卒業かなぁ…。

我慢できず、先日購入したレース糸 Lapin で
野の花?を編んでバレッタにしてみました。


image


左からスミレ、デイジー、勿忘草、ポピー、マーガレット。

小さな花を作る時は、元々キツ手ながらさらにキツ目に編むので
今回も糸の指定では「かぎ針 2 号〜 3 号」のところを
レース針の 0 号で編みました。

糸が太ければ太いほど厚みでもっちりとした花になって可憐さがなくなるので
普段は花の大きさに合わせて糸の太さを選ぶのですけど、
この大きさの花を編むにはこの糸はちょっと太過ぎたようです。
まあその分、素朴なワイルドフラワーぽくなったかなー。

他にもパンジーや水仙やイチゴの花なんかを編んでみたんですが
盛りきれなかったのでいずれ何かに使おうかと。
で、このバレッタは……なんと自分で使う気満々だったりします。
多少恥ずかしいというか抵抗はあるのですけど
なるべく乙女チックにならないよう、髪をキリリとまとめてから留めるとか。
誰かに「若作り」と言われるまでは使うのだ!

昨晩は夏バテで夕飯をほとんど食べなかったら夜中にお腹が空きまして、
深夜 2 時 過ぎにホットケーキを焼いてしまったのですが
今日になって裏の家のおばあさんとか隣の家のおじさんとかに
「昨日、ホットケーキ食べてたでしょ」と指摘されました。
どうやら巷で言うところの
『夜食テロ』を起こしてしまっていたようです。
ごめんなさいぃ〜!

2014年8月21日木曜日

無の境地


このところ立て続けにZAKKAストアーズからレース糸が発売されて
レース糸マニアとしては嬉しくもあり悩ましくもあり…。

何度も商品写真を見ながら迷ったものの
色合いがはっきりしているのが気に入って
結局、全18色を買ってみました。


image


Lapin #20

普通の20番のレース糸よりも若干太くて、光沢はなし。
レース糸というよりも、細めのコットン糸という感じかな。
小物を編むには編みやすそうですよ。
花を編んだら素朴なワイルドフラワーになりそう。
野イチゴとかタンポポとか赤いポピーとかスミレとか、そういうの。
ひゃー、編みたい!

小さなコーン巻がカワイイんですが、収納するには場所を取るので
これから一つずつ巻玉にしていくつもりです。
ひたすらぐるぐる巻いている間は、無の境地に誘われて
けっこうな癒しタイムになったりします。
ありがたやーありがたやー。

2014年8月20日水曜日

めげません


夏の無地のTシャツに
ちょっと個性的なペンダントを合わせたいなぁと
ずっとあちこち物色していて、
夏も終わりかけている今頃になって
ようやく気に入ったものを見つけました。


image


好きなんだなあ、こういうの。
陶器でできた手作りの鳥ペンダントです。

昔(子供の頃)から可愛らしいものよりもちょっとドギツイというか
グロテスクちょっと手前、という感じのものが好きで
ピンクやフリフリやウサちゃんなんかとは無縁でした。
サン⚫︎オや⚫︎ィズニー製品も持っていたことがありません。
お陰で今に至るまで私の身の回りはすべてドギツイものばかり。
男受けしないのも当然だ!(いろんな意味で)

今回も我が家の男性たちには不評の鳥さん。(とくに目が)
こんなにカワイイのに。
めげないけどね、全然。

今日はこれから、夕飯に我が家のオリジナルレシピ
「鶏のクリームスープ煮」を作ります。
鶏肉とミックスベジタブルをバターで軽く炒め
牛乳とコンソメとたっぷりの白ワインと生クリームで煮るという
非常に高カロリーな一品。
夏バテ解消に、良いかと。
問題は、これを食べると無性にワインが飲みたくなること。
夏の間は節酒してるんですけどねぇ…。